特定調停による債務整理を行うための必要書類

特定調停と呼ばれる債務整理があります。この特定調停は平成12年の2月から施工された債務整理の一手段になるそうです。特定調停による債務整理は、裁判所で行われるものですが、裁判とは異なるものです。特定調停は裁判所で調停委員を立てて行われ、債権者と債務者の間に入り双方で話し合いを行うものです。特定調停は合意を求めるものであり、良い方向に合意が出来るようにと調停委員は話を進めていくそうです。しかし、合意を求めるにはかなり苦労をするとも言われています。また、特定調停は個人でも出来ると言いますが、裁判所などが絡む事や、債権者との話し合いが有る事、更に必要となる書類などが多い事からも用意する時間もかなり必要となるそうです。例えば、申立書という書類は裁判所で入手し、自分で作成をしなければなりません。また、紛争の要点や特定債務者である事に関する書類、資産目録、債権者一覧表なども申立書と同じく裁判所で入手できるものです。紛争の要点は、借金の種類や借金の契約日、利息、返済状況などを記載する書類になり、特定債務者である事に関する書類は、主に債務者の状況や家族の状況などを記す書類となるようです。資産目録は、債務者の資産を記載する物で、不動産、自動車、預貯金から手持ちの現金まで資産となるものは全て記載する必要があるそうです。債権者一覧表は、複数からお金を借りている場合は全て記載しなければなりません。この他にも住民票や戸籍謄本などの資料も必要になると言います。

太陽光発電 コスト

あなたの心の病をカウンセリングで解決しませんか?

相続者が神戸へ向かう

現金にお困りの方はコチラまで!